週刊ベースボールONLINE

前阪神マートン カブスとマイナー契約 ムネリンとチームメイトに

2016年2月4日(木) 5:00 

 カブスとマイナー契約を結んだマートン

 元阪神マット・マートン外野手(34)がカブスとマイナー契約を結んだことが2日(日本時間3日)、わかった。関係者によると、7年ぶりのメジャー復帰を目指し、24日(同25日)からアリゾナで始まるメジャーのスプリングトレーニングに招待選手として参加するという。

 マートンは09年オフにロッキーズから阪神へ移籍。日本では1年目の10年に日本プロ野球記録(当時)となるシーズン214安打を放つなど、6年間で1037安打をマークした。通算成績は847試合、打率・310、79本塁打、424打点だった。

 昨季終了後にフリージェントとなったマートンは昨年12月には自宅のあるテネシー州の自主トレ先で本紙の取材に応じ、「今はメジャーでプレーしたい気持ちが強い」、「新しい環境を前にしたルーキーのような気分」などと心境を吐露。09年10月4日を最後に遠ざかっているメジャー復帰へ意欲を燃やしていた。

 今季のカブスの外野手陣は中堅ヘイワード、右翼ソーラー、左翼はシュワーバーとコグランの併用を予定。マートンは残り1枠を4〜6人で争うことになりそうだ。

 マートンにとってカブスは05年7月8日にメジャーデビューを果たした古巣でもある。チームには同じくマイナー契約からメジャー昇格を目指す川崎宗則内野手も所属しており、日本のファンにとっては目が離せないキャンプとなりそうだ。

(提供元:デイリースポーツ)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュース&コラムを探す

カテゴリから探す