週刊ベースボールONLINE

侍・山田が先頭打者アーチ 正真正銘の本塁打 イチロー鳥谷に次いで3人目

 

1回、山田が先頭打者本塁打をを放つ=東京ドーム(撮影・堀内翔)

 「WBC・2次リーグE組、日本-キューバ」(14日、東京ドーム)

 日本は、「1番・DH」山田(ヤクルト)が初回、左越えに先頭打者アーチを放ち先制した。キューバ先発のバノスに対して、2ボール1ストライクから4球目、真ん中高めに浮いた140キロカットボールを狙った。

 7日のキューバ戦。山田は四回、2死二塁の場面でホームラン性の打球を放ったが、左翼席最前列のファンが、グラブで打球をキャッチ。リプレー検証で二塁打と判定され、幻のホームランになっていた。

 この日の打球は左翼スタンド中段に到達。正真正銘の本塁打で、日本が先制点を奪った。山田は「最近、自分のスイングができていませんでしたが、この打席では自分のスイングができました。1番打者として一番いい結果が出たと思います」と振り返った。

 WBCで日本代表選手の先頭打者本塁打は、第1回(2006年3月12日・米国戦)のイチロー、第3回(2013年3月10日・オランダ戦)の鳥谷敬に次いで3人目。

(提供元:デイリースポーツ)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コメント数ランキング

ニュース&コラムを探す

カテゴリから探す