週刊ベースボールONLINE

ヤクルト新外国人ブキャナン5回2失点も「もっといいピッチングができれば良かった」

 

 「オープン戦、ヤクルト4-2巨人」(20日、神宮球場)

 ヤクルトの新外国人、デービッド・ブキャナン投手(27)=前フィリーズ3A=が先発し、5回5安打2失点だった。二、三回と走者を背負いながらも、粘りのピッチング。五回に3安打1四球などで2失点を喫した。

 本拠地初登板で「もっといいピッチングができれば良かった」と反省。それでも真中監督は「いい内容だった。期待が持てる投球だった」と評価した。

 ファンの大声援を受け「エネルギーを持って応援してくれた。パワーをもらった」と感謝の言葉を述べた右腕。次回登板へ「しっかりストライク先行を目指していきたい」と前向きに話した。

(提供元:デイリースポーツ)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コメント数ランキング

ニュース&コラムを探す

カテゴリから探す