週刊ベースボールONLINE

工藤ソフトバンク3年連続交流戦制覇 広島との直接対決制した

 

交流戦最高勝率としてファンと共に「ワンダホー!」を決める松田(左手前)らソフトバンクナイン=マツダスタジアム

 「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

 ソフトバンクが交流戦最高勝率を懸けた一戦で広島に大勝し、3年連続7度目の交流戦制覇を果たした。両チームは12勝5敗で並んだが、規定により直接対決を2勝1敗で勝ち越したソフトバンクが上位となった。

 前日17日の広島戦を落とし、広島に1差を付けられたソフトバンクが初回から奮起した。初回に松田の二塁内野安打で先制。先発・山田がその裏に同点を許したが、二回にも甲斐の適時打、福田の2点適時打で3点を勝ち越した。その後も効果的に加点し、小刻みな継投でリードを守った。

 5点リードの九回には守護神・サファテが2点を失ったが、大量リードに守られた。

 3年連続の交流戦制覇に工藤監督は「選手みんながよくやってくれた。選手が1試合1試合大事に戦ってくれた結果。選手をしっかり指導してくれるコーチのおかげ」と選手とスタッフをたたえた。

(提供元:デイリースポーツ)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コメント数ランキング

ニュース&コラムを探す

カテゴリから探す