週刊ベースボールONLINE

DeNA・宮崎が先制打 プロ初登板初先発の飯塚を援護

 

4回、中前に先制適時打を放つ宮崎

 「交流戦、DeNA-オリックス」(19日、横浜スタジアム)

 交流戦最後の試合で、DeNAが先制した。

 18日に降雨ノーゲームとなった一戦は四回、DeNAがロペス、筒香、宮崎の主軸3連打で1点を奪った。

 オリックスの金子からロペスが三塁線を破る二塁打で出塁し、1死二塁から筒香が中前打で一、三塁とし、宮崎が中前への適時打で続き、プロ初登板初先発の3年目右腕、飯塚を援護した。

 飯塚は5回2安打無失点で勝利投手の権利を得て降板した。

(提供元:デイリースポーツ)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コメント数ランキング

ニュース&コラムを探す

カテゴリから探す