週刊ベースボールONLINE

全パ・秋山が勝ち越しタイムリー「先輩思いの後輩がランナー残してくれた」

 

5回、勝ち越し二塁打を放つ秋山=ZOZOマリン

 「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全パ-全セ」(15日、ZOZOマリンスタジアム)

 全パの秋山(西武)が五回に勝ち越し打を放った。

 この回、先頭の鈴木(ロッテ)が全セ・3番手の井納(DeNA)から右翼フェンス直撃の三塁打で出塁。田村(ロッテ)、源田(西武)が倒れ、2死となった場面で、秋山が一塁線を鋭く破る二塁打を放ち、鈴木を迎え入れた。

 秋山は「ラッキーだったと思います。田村、源田という先輩思いの後輩がランナーを残してくれたので、ここはおいしいなと思って打席に入りました」と勝ち越し打を振り返った。MVPが転がる可能性のある一打となったが、「頂けるものは頂きたいですけど、自分自身のプレーをしたいと思います」と謙虚に語っていた。

 秋山は第1戦で史上9人目となる先頭打者本塁打を放ち、敢闘選手賞を獲得しており、第1戦に続く殊勲打となった。

(提供元:デイリースポーツ)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コメント数ランキング

ニュース&コラムを探す

カテゴリから探す